GCP Compute EngineでUbuntuのロケールを設定する

GCPのCompute EngineでUbuntuのロケールを設定します。

iris

1 minute read

Google Cloud Platform の Google Compute Engine で Ubuntu 16.04 LTS の運用を始めました。 ロケールの設定を行います。

この記事の目次

Localeの設定

はじめはロケールの設定が正しくなされていないので設定する必要があります。 今回は英語を主として設定を行います。

locale

を実行すると次のように言われるので、

locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory
LANG=en_US.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE=UTF-8
LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_PAPER="en_US.UTF-8"
LC_NAME="en_US.UTF-8"
LC_ADDRESS="en_US.UTF-8"
LC_TELEPHONE="en_US.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="en_US.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.UTF-8"
LC_ALL=
  • LANGUAGE
  • LC_ALL

の2つの環境変数を設定する必要があることがわかりました。 nanoエディタで次のファイルを管理者権限で編集します。

sudo nano /etc/default/locale

以下を追記してください。

LANGUAGE="en_US:en"
LC_ALL="en_US.UTF-8"

保存は(Ctrl + X)のコマンドでできます。 再ログインして、もう一度 locale コマンドを実行して

LANG=en_US.UTF-8
LANGUAGE=en_US:en
LC_CTYPE="en_US.UTF-8"
LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_PAPER="en_US.UTF-8"
LC_NAME="en_US.UTF-8"
LC_ADDRESS="en_US.UTF-8"
LC_TELEPHONE="en_US.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="en_US.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.UTF-8"
LC_ALL=en_US.UTF-8

のようになっていればOKです。

関連記事